好きなことを大切にして生きてみる

ストリートビューで世界中を旅したり、好きなことを大切にして生きてみようと思います

スポンサーリンク

まだツールの思い出に浸っているのです ~ツール・ド・フランス2022を振り返る~

 

 

こんにちは (o´・ω・`o)ノ゙ チャ♪

 

全然更新できないまま7月が終わりました💦

 

 

ここで旅はできませんでしたが

ツール・ド・フランス2022は思いっ切り楽しみました。

 

今年はこれまで観た中でも指折りの

違うかな…

もしかしたら一番面白いレースだった気がします。

 

書き始めると長くなるのでやめておきますけどw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタートはデンマーク

デンマークは今大会総合優勝したヴィンゲゴーの故郷です。

物凄い声援!

ヴィンゲゴーの目には涙が…

感動的なチームプレゼンテーションでした。

この時から既に

ヴィンゲゴーの物語は始まっていたのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

後半はずっとずっと

ヴィンゲゴーとポガチャルの走りに注目が集まりました。

上のシーンは印象的。

自分は落車を避けられたヴィンゲゴー。

直ぐ後に落車したポガチャルを振り切って走ることなく

体勢を立て直して戻って来るのを待ってまたレースに戻りました。

リスペクトし合う二人の姿に感動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

第20ステージはタイムトライアル。

先に1位に立ったチームメイトのワウトを抜く勢いで

ヴィンゲゴーが走りましたが

やっぱり1位はワウトに。

そして自分はマイヨ・ジョーヌを守り切る走りを見せました。

ゴールしたヴィンゲゴーを称えるワウト・ファンアールト

その後号泣する姿に胸が熱くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、この時は本当に

辛そうだったファンアールトとドゥムラン。

今大会、ログリッチは落車でリタイアしてしまったけれど

あの時の雪辱をヴィンゲゴーが果たした形で

きっと思いが溢れたのだと思います。

 

良かった良かった

おめでとう。

 

 

 

ファンアールト自身も

イエロージャージを着ながら爆走して先頭を引く走ったり

チームを導くために働く走りを見せたり。

ヴィンゲゴーの粘り強い走りも素晴らしかったですが

今大会のファンアールトの走りは本当に本当に素晴らしかった!

この活躍がツール・ド・フランス2022全体の

スーパー敢闘賞に選ばれたのでした。

 

 

          

 

 

 

 

 

という感じで

今大会はヴィンゲゴー劇場。

とはいえポガチャルあっての面白いレースで

ファンアールト、っていうよりユンボというチームの凄さとか

もう色々とぎゅっぎゅうに詰め込まれた感じで

もうホント…

素晴らしいレース。

私の記憶にも残りましたが

ツール・ド・フランスの歴史にも残るレースだったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

大会後にはこんなサプライズも!

デンマークの国民にとってヴィンゲゴーは英雄ですね!

数年前、まだプロとして活躍していなかった彼は

早朝から魚市場で働いたあと、

コンチネンタルチームでトレーニングをしていたそうです。

その頃、まさかこんな日が来るなんて…

でも信じて頑張って来たからこそ掴んだ栄光ですよね!

 

 

 

 

www.cyclowired.jp

 

 

 

 

うん、ポガチャルも良かった。

以前はもう強過ぎて嫌になるくらい( ̄▽ ̄;)

強いのにフランクな性格とか、今時だなぁって

正直なところあまり応援しよう!って感じではなかったのですがw

今回は違いました。

 

 

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

UAE Team Emirates🇦🇪(@uae_team_emirates)がシェアした投稿

instagramよりお借りしました)

 

 

 

 

強さは相変わらず、明るいのも相変わらずw

キツい時でもカメラには笑顔でリアクションして

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりリスペクトを忘れない。

そしてレース後の様子を見ていても

彼の周りはいつも笑顔がいっぱい。

 

なんでしょうね。。

インタビューを聞いていても

年を重ねて落ち着きが出たというか

良い感じな選手になっていました。

 

 

 

 

そうそう、そして今大会

何より嬉しかったことがこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

フルームの復活っ!!

 

 

大きなケガをして以降

なかなか調子が戻らなくて

いつか突然「引退」とかならないかと不安だったのですが

今大会の第12ステージで見事な走りをみせてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたらステージ優勝かも….ワクワク+゚(o(。・д・。)o).+゚ワクワク

は叶いませんでしたが堂々の3位!

こんな日が来るなんて

願いながらも少し諦めてしまっていてごめんなさいっ!

そんな思いで観ました。

 

          

 

 

 

 

 

 

喘息持ちのフルーム。

それでもここまで自転車を続けていることも凄いです。

そしてこんなにも全力を出し切って頑張ったって凄い。

彼のメンタルの強さはとても真似できないけれど

勇気を貰えました。

 

残念ながらこの後COVID19に感染してしまって

レースを継続できませんでした。。

でもまた次回に期待します。

まだまだ走り続けてくれることを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

って、

 

 

やっぱりツールの話になるとこうなる…   (´‐ω‐)=з フゥ

他にも見どころはいっぱいありました。

地元デンマークからずっと逃げで活躍した

マグナスコルト・ニールセン

彼も大きな声援を浴びて走る姿はそれはそれは幸せそうで

見ていて胸が熱くなりました。

 

 

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EF Education–EasyPost(@efprocycling)がシェアした投稿

instagramよりお借りしました)

 

 

 

 

あーまた動画探してしまった…( ̄▽ ̄;)

今大会が素晴らしかった要因の一つは

スタートがデンマークだったことだと思います。

それはもう凄い盛り上がりで

山岳なんてフランスかと思うくらい

多くの人が押し寄せて応援をしていました。

 

あぁ一度で良いから

実際にヨーロッパで自転車レースを観てみたい…

キャンピングカーで転々と

21日間、全部追いかけて応援してみたい…

 

 

 

あら、またツールの話になってる💦

 

 

 

 

 

今日はこのお話ではなかったのです。

 

 

火曜日に精神科に行ってきたことについて

ちょっと書きたかったのに。。

 

 

 

えっと

 

 

 

その話はまた次回w

 

 

 

まだ次のお仕事までに時間が空いてそうなので

この週末にでも更新します。

 

 

 

 

そう、それから

 

 

 

山形県新潟県

石川県などなど

 

大雨の被害が出ていますね。

 

私が暮らす岐阜も

市内ではないですが

周辺の地域や更に北の方では

かなり雨が降っているようです。

 

 

どうか早くお天気が落ち着いて

普通の毎日に戻れますように。

 

 

普通の毎日といっても暑いので

熱中症に気を付けてお家や周りのお片付けをして下さい。

 

 

くれぐれもお気をつけて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

          

 

【スポンサーリンク】