好きなことだけして生きてみる

ストリートビューで世界中を旅したり、好きなことだけして生きてみようと思います

スポンサーリンク

パリ~ルーベ2021を調べてみる ~サン=カンタン~

 

こんにちは  (○'ー'○)ノ♪

 

いつまで暑いんでしょうねぇ

 

 

 

夜は少しラクになってきましたが

半袖で寝ようか長袖にしようか

毎晩迷っていますww

 

 

 

 

さぁ!

 

明日はお待ちかねのパリ~ルーベ!

凸凹の石畳を走る過酷なレースです!

 

 

www.paris-roubaix.fr

 

 

毎年4月の第2日曜に開催されていましたが

昨年はコロナの影響で中止に。

今年は延期で明日の開催となりました。

そう!待ちに待ったレースなのですっ!!O(≧∇≦)O イエイ!!
          

 

 

 

今年のルートは

コンピエーニュ~ルーベ

ざっくりと地図で見ると

 

 

 

 

 

 

最短でも176kmで9時間。

実際のルートはもっと西へ東へ

距離だって257.7kmだし

凸凹だし土ぼこり凄いし( ̄▽ ̄;)

 

 

 

そんな過酷なレースですが

やっぱりどんな街を走るのか調べたくなりますw

 

 

ルートの中から気になる街を調べた結果

 

「サン=カンタン」という街が良い感じかなぁと。。

 

 

 

 

 

 

 

 

サン=カンタンとは

 

 

(場所)

 

フランス北部、オー=ド=フランス地域圏

エーヌ県にあるコミューン。

 

県庁所在地がランという街だそうですが

そこより人口が多くエーヌ県最大の都市だそうです。

 

 

(歴史)

 

12世紀にフランス王国の直轄領となったことで

王国の北端の街として百年戦争で大きな被害を受けたそうです。

1557年にはこの街でフランスとスペインが

ヨーロッパの覇権を巡り衝突。

スペインからの激しい攻撃にあい、

勝者となったスペインと双方が多くの犠牲者を出したのだそうです。

 

ふむ…

悲しい歴史ですね。

 

 

終戦は1559年とのこと。

 

 

スペイン国王はサン=カンタンでの勝利を記念し、死者への償いのために、1563年にマドリッド近郊のサン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルにエル・エスコリアル修道院の建設を命じた。

Wikiさんより引用させて頂きました。

 

 

エル・エスコリアル修道院

どんなんかなぁ…

 

 

 

番外編/エル・エスコリアル修道院(スペイン)

 

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kuk_(@kuk_alwaysahead)がシェアした投稿

instagramよりお借りしました)

 

 

 

Real Monasterio de San Lorenzo de El Escorial

構図がいまいちなのですが

遠くから見るのがとても美しい気がして

おまけに雪景色だったのでこちらをお借りしました。

 

Google mapで山から見られないかと

周辺をウロウロしてみたのですがダメでした ( ノω-、)
          

 

現在は修道院だけでなく宮殿や博物館、図書館などの

複合施設となっていて世界遺産に登録されているのだそうです。

神聖ローマ帝国の皇帝を始め

スペインの王様が眠る霊廟もあるそうです。

 

 

エル・エスコリアル修道院 - Wikipedia

 

 

 

 

あ、それでサン=カンタンのことですが

その後も1870~1871年普仏戦争でも戦場となり

第一次世界大戦でも戦場となり…

 

ずっとずっと

戦争の影響を受け続けてきたんですね…

 

 

 

サン=カンタンの歴史はこちら

サン=カンタン - Wikipedia

 

 

 

 

 

気になる観光スポット

 

 

 

サン=カンタンの戦いの像

 

 

 

 

 

 

サン=カンタンの駅から

カナル・ド・サン=カンタンという運河を越えて

街の中に入ると直ぐに建っています。

 

この運河はナポレオンの時代にできたとのこと。

石炭をパリへ輸送するために使用していたそうです。

 

で、その運河を越えて最初のラウンドアバウト的な場所の

真ん中にこの像が建っています。

 

 

 

 

 

 

先程歴史にあった

1557年にフランスとスペインが衝突したという

その戦いが「サン=カンタンの戦い」のようで

この地で人々が盾となりフランスを守ったという記念碑だそうです。

 

 

 

 

サン=カンタン大聖堂

 

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Pierre Bigot(@pierre.bigot)がシェアした投稿

instagramよりお借りしました)

 

 

 

Basilique de Saint-Quentin

ただカッコいい画像だったのでこちらにしましたww

 

この街の説明の中にシリカ文化遺産とあったので

シリカってどこにあるのかと調べていたら

シリカって建物の名前じゃないんですね( ̄▽ ̄;)

建築様式の名前だそうです。

あと、教会そのものがバシリカと呼ばれるとも。

 

 

バシリカ - Wikipedia

 

 

このサン=カンタン大聖堂(バシリカ)は

キリスト教の殉教者であり

この街の名前の由来となっている

聖カンタンの遺骨が安置されてい場所だとか…

 

フランスの旅のサイトでは

この建物はゴシックとロマネスク様式で

聖カンタンの遺骨は地下に眠っているとありました。

 

 

 

 

 

 

宙に浮いてる…

こんなトコにドローンって入れますかね( ̄▽ ̄;)

天井は見れなくなってますが

この中の広さやステンドグラスの美しさは分かりますね。

 

 

 

あぁでもバシリカの意味とか大聖堂のこととか

ちょっとややこしくて正しくないかもしれません (・ω・`=)ゞ
          

 

 

 

francekenbunroku.blogspot.com

 

実際に訪れた方のページがありました。

宜しければ。

 

そうそう、バシリカと同じく

この街で文化遺産となっている建築物として

アールデコ建築の建物というのがあるそうです。

この街に3000ヶ所以上見られるとのこと。

 

 

アールデコ建築…

 

 

1930年頃はニューヨークの摩天楼(クライスラー・ビルディングエンパイア・ステート・ビルディングロックフェラーセンターなど)が有名であり、一世を風靡した。しかし、大恐慌によりアメリカ経済が力を失ってゆくと同時に流行は去った。

Wikiさんより引用させて頂きました。

 

 

だそうです。

 

 

 

 

 

 

散策しているとこんなような建物をよく見かけます。

こういうのかなぁ…

最初に見たサン=カンタンの戦いの像があった

周辺もこんな建物が建ち並んでいた気がします。

そういうのかなぁ

 

違ってたらすみません( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

サン=カンタン市庁舎

 

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

J'❤️ l'Aisne !(@jaimelaisne)がシェアした投稿

instagramよりお借りしました)

 

 

 

Hôtel de ville de Saint-Quentin

この街の市庁舎です。

こちらもゴシック様式

16世紀初めに建てられたとのこと。

170以上の彫刻で飾られていて

建物自体が芸術品である、みたいに書かれていました。

 

こちらはライトアップされたもの。

キャンドルなんとかフェスティバルとか言ってますね。

前の広場で色々とイベントがあるようです。

 

 

ハッキリと確認がとれませんでしたが

ストビューの中には広場に砂山があり

ビーチパラソルが幾つも立てられた不思議な光景も。

フランスの観光サイトによると

7月~8月に人工ビーチが作られ

この広場が海辺のリゾート地に変身するのだとか…

 

みたいな

 

 

書いてありました。

 

 

 

www.france-voyage.com

 

こちらのちょっと適当な日本語訳ですww

 

 

 

う~ん…

広場から市庁舎全体を見られるストビューが

どうしても見付けられませんでした(●´・△・`)ハフ~ン

 


          

 

 

 

 

場所は大聖堂から歩いて3分ほどですね。

 

 

 

 

 

 

市庁舎の真下です。

このまま真っ直ぐもお散歩できるし

ぐるっと振り返って進むと

先程の大聖堂辺りまで歩けますよ♪

 

 

 

さてと…

 

 

この街のどこをみんな走るんだろう…

おそらくあっという間に通過して行くんでしょうねw

 

でも、アールデコ建築の建物の所為でしょうか

街全体が美しく飾られた印象で

何だかとても素敵でした。

 

 

見どころはそこそこでしたが

何より歴史を知れたことが良かったです。

 

 

他にもこの街には

サン=カンタン出身の芸術家の作品を展示している

「アントワーヌ・ルキュイエ美術館」とか

蝶を沢山展示している

「Musée Des Papillons」とかあります。

 

 

 

 

francekenbunroku.blogspot.com

 

先程の街歩きブログの別のページです。

この街を廻られた様子がとても詳しく書かれていました。

 

実際に行けたらなぁ

 

こんな風にブログ書きたいなぁ

 

 

 

 


(´・ω・`)  シュン…

 

 

 

 

 

ではでは

 

 

次回は…

 

そろそろヨーロッパから出てみたいなぁ♪

でもあと少し自転車レースがあるので

シーズンオフになったら

ヨーロッパを飛び出してみようかなと思います♡

 

 

まずはとにかく明日のパリ~ルーベ!

泥だらけになった選手たちのフィニッシュする姿を

目に焼き付けたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

sarigena-06sweets.hatenablog.com

 

sarigena-06sweets.hatenablog.com

 

こちらも是非!

細々とやっておりますので。

 

細々と…
           

 

 

 

|・ω・`)コッショリ
          

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】